• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

2018年に達成を期待したい記録♪

千葉ロッテの選手の中で、今季達成が期待されている記録をまとめます。偉大な記録は一年一年頑張った証としての積み重ねが基となっていますが、この達成の瞬間を見られる事に幸せを感じつつ、達成を期待したいと思います♪

Sponsored Link

 

【投手】

◆100セーブ(過去28人達成):西野勇士選手(残り14セーブ)

2014年から2016年まで千葉ロッテの頼れるリリーフとして活躍。ただ、昨季は先発に転向した為、セーブ数は0。今季も先発で勝負するようなので、この記録達成は難しいかな。でも、その分しっかり先発として勝利数を稼いで下さい♪

 

【野手】

◆2000安打(過去50人達成):福浦和也選手(残り38安打)

100安打以上のシーズンは実に10回で、2001年には首位打者タイトルを獲得。昨季は30安打を記録し、二年振りに70試合の出場。千葉ロッテファンとして、気になるのは達成日。残り安打数を記録する「FUKU-METER」も球場等でお馴染み。登場する度に大きな期待をさせてくれる福浦選手。頑張れ!

 

◆1000安打(過去290人達成):角中勝也選手(残り137安打)

首位打者タイトルを2012年と2016年(2016年は最多安打(178安打)も記録)に獲得。昨季は開幕早々ケガで離脱した影響もあって103安打(110試合)に終わりましたが、2012年から続く100安打以上は6年連続で継続中。実力通りなら今季中の達成は可能なハズ。達成、待ってます♪

 

◆100本塁打(過去285人達成):ウィリーモーペーニャ選手(残り14本塁打)

昨季、緊急加入ながらも、70試合でチーム1位の15本塁打を放ったペーニャ選手。バファローズ時代の2014年には32本塁打を記録し、その長打力は今も健在。来日の関係か、今現在(2018.1.24)今季の契約更改には至っていない模様ですが、常に一発を期待させてくれるペーニャ選手が千葉に戻ってきてくれたら、一年を通じた本塁打数も楽しみデス☆

 

【千葉ロッテ出身投手】

◆100勝利:成瀬善久選手(2015年からスワローズ)(残り4勝)

移籍後の三年は、(15年)3勝・(16年)3勝・(17年)0勝。復活に期待。

 

【千葉ロッテ出身野手】

◆1000試合出場:大松尚逸選手(スワローズ)(残り95試合)

昨季はケガから見事に復活し、移籍先のスワローズで94試合に出場。ガンバレ!

 

◆100本塁打:今江年晶選手(イーグルス)(残り3本塁打)

移籍後の2年は、3本塁打(2016年)と1本塁打(2017年)。今季は復活を。

 

◆100本塁打:アルフレドデスパイネ選手(ホークス)(残り11本塁打)

移籍した昨季は、35本塁打と103打点で二冠王に。この記録は当然達成かと。いつでも千葉ロッテに戻ってきていいんですよ。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です