• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

【開封】BBM惜別球人を開封☆

今年初のベースボールカード開封は、BBM社の「惜別球人」。2018.1.27に販売されたこのカードは、2017年限りで退団した有名選手の雄姿をカード化したもの。今季の開幕に先立ち、まずは昨季一緒に戦った選手に感謝の気持ちを込めたいと思います♪

Sponsored Link

このBOXは1BOXが6,480円ですが、スポーツカード専門店のMINTさんで買うと6,156円で購入できますので、良く行くMINT千葉店さんにて早速購入♪

こちらは通常のランダム封入BOXと異なり、レギュラーカードは35枚全部が1BOXで揃うので複数BOX買わなくても十分満足できるようになっています☆

ただ、1枚だけ入っているという直筆サインカードのみBOXによって入っているものが違うので、その1枚が何かによってその満足度は大きく異なる模様( *´艸`)

では、早速開封♪開けるとこんな感じです。

今回千葉ロッテで入っているレギュラーカードは3枚。左から、井口資仁選手・古谷拓哉選手・柴田講平選手。

井口選手は言わずと知れた、今季からの新監督。ダイエーホークス時代には盗塁王のタイトルを2度。ベストナインとゴールデングラブ賞を3回ずつ獲得。日米通算2000本安打達成を始め、二本のみの記録でも250本塁打・1000打点を記録。引退試合の2017.9.24では2点ビハインドの9回、起死回生の同点ツーランを放ったのはもはや伝説。

古谷選手は千葉ロッテの球団職員(営業部)への転職が決定。伊東勤監督時代は主に先発として活躍。千葉ロッテ一筋で、148試合に登板。23勝14ホールドを記録。一軍タイトルには縁がなかったですが、イースタン・リーグでは最多勝・最優秀防御率・最多奪三振の三冠を獲得。2013年は、イースタンでノーヒットノーランを達成。約一か月後の一軍戦では9回二死までノーヒットノーランを演じる、ノーヒットノーラン未遂は千葉ロッテファンの間では有名なところ。

柴田選手は古巣である阪神タイガースの球団職員への転職が決定。2016年のオフに出場した合同トライアウト後、千葉ロッテの秋季キャンプ中の入団テストで伊東勤監督に認められて入団。千葉ロッテ在籍は一年のみでしたが、自身4年振りとなる本塁打&盗塁も記録した一年となりました。

これからの道は変わりますが、3人とも、今まで千葉ロッテで一緒に戦ってくれて、本当にどうもありがとうございます!これからも頑張って下さい!

では、お待ちかね。一番下に入っている直筆サインカードを見てみます♪もちろん狙いは井口選手のカード一択です。

オープン!

カープの江草選手デシタ~(*´з`)

個人的に江草選手は好きな選手ですのでこれはアリといえばアリ、かな。専修大学を出て、タイガース時代は「SHE(桟原将司選手・橋本健太郎選手・江草仁貴選手)」を形成し、活躍。当時タイガースファンだった私には良い思い出しかありません(*´▽`*)でも、千葉ロッテファンとなった今では、できれば井口選手のカードの方が良かったけど

・・・という事で、今回の開封は終了。11球団(福岡ソフトバンク以外)のチームは入っているこのBOX。2017年の締めくくりという意味でも買って楽しめるんじゃないかな(*´▽`*)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です