• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

今季初の遠距離リアルタイム応援も、敗戦(NHKラジオ第一)

タイミングが合わなくてなかなか観戦に行けない今季。テレビも中継が少ない中、今日はラジオでやっていたので、今季初のリアルタイム(?)応援。NHKラジオ第一放送からも聞こえる千葉ロッテの大応援。私も心の中でしっかり応援加勢。千葉ロッテ、ガンバレ(≧▽≦)

Sponsored Link

(※上記画像は、NHKラジオ第一の公式HPのものです)

聞き始めたのが3回表から。0対1となっており、あとから聞くと、どうも2回裏にファイターズのパワーあふれる寿司職人が本塁打をかっ飛ばしてくれた模様。劣勢でのスタートです。

私が聞き始めた以上(?)早々に逆転を期待しましたが、千葉ロッテ先発のマイクボルシンガー選手が逆になぜか連打を浴びたりして2点を献上。0対3となります。

ニュース中断がシッカリ入った後、千葉ロッテは反撃に出ます。8回表、ここまで2安打に抑えられていた中、四球と敵失のチャンスを代打で登場した李杜軒選手が入団初安打(二塁打)&初打点(2打点)をあげて一気に1点差に詰め寄る2対3に。

今日の解説の大島康徳さんも「(千葉ロッテとしては)ここは一気にいきたいところ」とコメントし、当然こちらもそう願います!

・・・が、この回は結局この2点止まり。

最終回、ファイターズはリリーフ陣を温存して、先発のマルティネス選手が続投。マルティネス選手は来日初登板だそうなので、いきなり完投を狙ってきたのでしょうか。これには解説の大島さんも、「8回が(マルティネス選手にとって)いっぱいいっぱいなので、自分なら継投。この完投はあまり意味がない」といっており、逆に千葉ロッテとしては大チャンスじゃない!?

・・・と思いましたが、結局このまま敗戦。新外国人投手の投げ合いは、ファイターズに軍配が上がりました。マルティネス選手、来日初登板・初先発・初勝利・初完投おめでとうございます(T_T)次は勝つ!

 

【今日の試合結果】

2対3で、北海道日本ハムファイターズに敗戦。

・・・とりあえず、今日に関しては解説の大島さんより現場の栗山監督の方が冴えていたという事で(*´з`)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です