• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

2018.3&4月の千葉ロッテマリーンズ個人成績一覧(投手)

5月に入ってやや苦戦が続いている千葉ロッテ。優勝を目指していく為には、ここで踏ん張ってもらいたいところ。ガンバレ、千葉ロッテマリーンズ!で、今回は、前回の野手偏印続き、3・4月の千葉ロッテ投手の成績をまとめたいと思います。

Sponsored Link

◆登録選手(打者)◆(敬称略)

今季通算試合投球回数奪三自責防御率
シェッ1312.013064.500071
有吉1113.01185.540020
1111.11732.381124
益田0910.10543.481100
0906.20445.400020
松永0804.00324.500160
田中0707.10111.231010
大谷0606.10611.420030
涌井0534.226102.602200
酒居0525.214217.361100
石川0428.22072.203000
二木0420.218104.362200
ボルシ0317.21442.041100
唐川0212.01286.000200
チェン0104.006613.500100
西野0101.000327.000000
関谷000.000#DIV/0!0000
阿部000.000#DIV/0!0000

《チーム上位》

★試合出場
1位(13試合登板):タナーシェッパーズ選手・2位(11試合登板):有吉優樹選手・内竜也選手

★投球回数

1位(34.2投球回):涌井秀章選手・2位(28.2投球回):石川歩選手・3位(25.2投球回):酒居知史選手


★奪三振

1位(26奪三振):涌井秀章選手・2位(20奪三振):石川歩選手・3位(18奪三振):二木康太選手


★防御率

1位(1.23):田中靖洋選手・2位(1.42):大谷智久選手・3位(2.04):マイクボルシンガー選手


★勝利数

1位(3勝):石川歩選手・2位(2勝):涌井秀章選手・二木康太選手

 

★ホールド数

1位(7ホールド):タナーシェッパーズ選手・2位(6ホールド):松永昂大選手・3位(3ホールド)・大谷智久選手


★セーブ数(セーブを記録したのは2名のみ)

1位(4セーブ):内竜也選手・2位(1セーブ):タナーシェッパーズ選手

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です