• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

【観戦記】北の大地で逆転勝利♪(札幌ドーム)2018.5.4

週一のお休みだとなかなか行けない遠方遠征。ゴールデンウィークの連休に、人生初の札幌ドーム観戦へ。対戦相手の北海道日本ハムファイターズは、今後札幌ドームから移転する事も正式に決まったとの事ですので、最初で最後となるかもしれない札幌ドーム参戦をしっかり堪能&応援したいと思います(^_-)-☆今回は、千葉ロッテ側のビジターチケットが取れなかったので、ファイターズ側の内野前方からまわりの邪魔にならないようにこっそり応援します( *´艸`)

Sponsored Link

こちらが札幌ドーム。なんか、すごい( *´艸`)

今日の千葉ロッテ先発は、マイク・ボルシンガー選手。頑張れ!

初回1点を先制された千葉ロッテ。

ファイターズのアルシア選手が盗塁を試みた際に二塁カバーに入った藤岡裕大選手に交錯スライディングでセーフに。でも、これは千葉ロッテ側のリクエストで、危険走塁によりアウトに変更。アルシア選手、まったく納得がいかないようですが、危険なスライディングはやめましょう( *´艸`)(←ちなみに、本来はこの場面ではリクエストは適用されないとの事で、後日誤審と判明)


早めに反撃したい千葉ロッテは3回。

この回先頭の平沢大河選手が二塁打で出塁。

一死後、内野ゴロの間に平沢選手が本塁に突入し、セーフの判定♪

・・・ファイターズからリクエストの要請。


結果、判定通りセーフ!同点♪

直後にツーランを浴びて1対3.すぐに劣勢になります(-_-;)

我慢の千葉ロッテは5回。先頭の田村龍弘選手が四球で出塁。

続く平沢選手がライトにヒットを放ち、無死1・3塁。チャンス到来♪

で、荻野貴司選手の内野ゴロの間に田村選手が生還して、まず2対3。

続く藤岡裕大選手がしっかりタイムリーを放って、これで3対3.同点に追いつきます♪


中村奨吾選手は死球。一死1・2塁。

ここで4番・井上晴哉選手の打球は、レフトに飛ぶ貴重なタイムリーで4対3.勝ち越しに成功&ファイターズ先発の村田選手をノックアウト( *´艸`)


盛り上がるマリーンズファン♪

二死後、今度は鈴木大地選手が死球を受けて、二死ながら満塁。

ここで、菅野剛士選手がセンターにはじき返し二者生還。これで6対3の勝勢に(≧◇≦)


結局6回を3失点にまとめたボルシンガー選手。

7回からは大谷智久選手がマウンドに上がり、見事に三者凡退に♪


8回はタナーシェッパーズ選手が登板。自慢の継投で逃げ切りを図ります。

ランナーは一人出したものの、ダブルプレーをとり、この回の3人で抑えます。

資最終回はもちろん、内竜也選手。


ファイターズの期待の星・清宮選手にヒットで出塁されるも、後続を仕留めてゲームセット。マリーンズの勝利~(≧◇≦)

【試合結果】

6対3で、北海道日本ハムファイターズを撃破(≧◇≦)

今日のヒーローはボルシンガー選手。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です