• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

【観戦記】北の大地で返り討ち(札幌ドーム)2018.5.5

連休を利用した札幌ドーム遠征の旅は二日目にして最終日。この日の内にはもう地元の千葉に戻らなくてはいけません。なので(?)、ぜひいい連戦にするべく、今日も機能に続いて連勝できるように頑張って応援して参ります!そんな訳で、今日の記事は千葉ロッテ側の一塁側内野席の中段辺りからお届け致します♪(昨日の札幌ドーム観戦記はこちら:千葉ロッテポケットパーク)

Sponsored Link


千葉ロッテのスタメン発表時に流れる曲は、映画・スターウォーズのダースベイダー登場曲。一方の北海道日本ハムのスタメン発表時の曲はスターウォーズのテーマ。わかりやすいアウェー感だなぁ(^^;)まぁ、いつも観戦に行くZOZOZOZOマリンスタジアムでいつも対戦相手はこんな風に感じていたのね(*´з`)

今日の先発は唐川侑己選手。以前の唐川選手の登板観戦では中盤一気に崩れてしまいましたが、今日は最後までしっかりガンバレ!詰めかけているファイターズファンを黙らせちゃえ!(前回の唐川侑己選手登板の記事はこちら:千葉ロッテポケットパーク)

初回1点を先制された千葉ロッテですが、次の2回にすぐに反撃。

この回先頭の井上晴哉選手がライトにヒットで出塁。


続く清田育宏選手が今度はレフトにヒット。全力疾走で二塁打とし、これで無死2・3塁の逆転チャンス。


ここで、昨年までのキャプテン・鈴木大地選手がレフトにタイムリーヒットを放ち、一挙に二者生還。2対1と逆転に成功(≧◇≦)


その裏、唐川選手はファイターズにまた失点を許して2対2の同点になるも、そのすぐ次の3回に一死から藤岡裕大選手がヒットで出塁。

すかさず盗塁で二塁に。

ここで先ほどヒットを放った井上選手が、今度はレフトスタンドに飛び込む痛烈な一撃!ツーランホームランで4対2に。千葉ロッテが再びリードします(^^♪




これで試合の主導権を握った千葉ロッテは、先発の唐川選手が3・4回と連続三者凡退に仕留めてファイターズに反撃をさせません。

・・・ですが、5回の唐川選手、二死から連続タイムリーを浴びて、気が付いたら4対5と再び逆転(-_-;)


これ以上点をやれない千葉ロッテは、6回から有吉優樹選手をマウンドに。

いきなりソロを浴びて、さらに1点が相手に追加・・・(*´ω`*)

7回からは、最近好調の益田直也選手が登板。


一人ランナーは出すものの、しっかり締めて反撃を待ちます。

8回のマウンドは南昌輝選手に交代。

三者凡退に切って取って、最終回の反撃の準備を整えます。

・・・ですが、最終回はランナーは出したものの、最後振り切られてそのまま終戦・・・。

【試合結果】

4対6で、北海道日本ハムファイターズに逆転負け(>_<)

今日はマーくんとM☆Splash‼も応援に駆け付けていたのに・・・残念(ノД`)・゜・。とりあえず、今日の最後は千葉ロッテの安田尚憲選手の良きライバルになるであろう(?)、北海道日本ハムの清宮幸太郎選手の写真でも。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です