• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

2018.5月の千葉ロッテマリーンズ個人成績一覧(投手)

セ・パ交流戦もまもなく後半戦。今のところ、交流戦では五分の戦いをしている千葉ロッテですが、他のパ・リーグ球団がより好調の為、なかなかペナントレースの順位が上がらないのが悩ましいトコロ。でも、ここで良い勢いが付けば、パ・リーグ戦に戻っても浮上に期待ができるだけに、ここが踏ん張りどころです。ガンバレ、千葉ロッテマリーンズ!

Sponsored Link

で、今回は、2018.5月に出場した選手の各成績(投手)をまとめたいと思います♪(敬称略)(2018.5の野手成績はこちら:千葉ロッテポケットパーク)

◆登録選手(打者)◆

5月投手試合投球回奪三自責防御率
益田1211.11100.001000
1011.009010.820000
大谷1009.212065.590140
田中1009.107032.891020
0909.108043.860105
シェッ0909.010033.000120
松永0803.103012.700010
石川0535.118123.062300
有吉0515.209052.870100
涌井0426.222175.742200
ボルシ0425.020062.164000
渡邉0315.007074.200100
チェン0305.103035.060000
土肥0210.108043.480000
オルモ0207.005067.710200
唐川0105.004047.200100
大隣0101.2000737.800100
二木 康太0000.00000(未登板)0000

《5月・チーム上位》
★試合出場(今季通算:1位(22試合登板)タナーシェッパーズ選手・2位(21試合登板)益田直也選手・3位(20試合登板)内竜也選手)

5月:1位(12試合登板)益田直也選手・2位(10試合登板)南昌輝選手&大谷智久選手&田中靖洋選手


★投球回数(今季通算:1位(64投球回)石川歩選手・2位(61.1投球回)涌井秀章選手・3位(42投球回)マイクボルシンガー選手)

5月:1位(35.1投球回)石川歩選手・2位(26.2投球回)涌井秀章選手・3位(25投球回)マイクボルシンガー選手

★奪三振(今季通算:1位(48奪三振)涌井秀章選手・2位(38奪三振)石川歩選手・3位(34奪三振)マイクボルシンガー選手)

5月:1位(22奪三振)涌井秀章選手・2位(20奪三振)マイクボルシンガー選手・3位(18奪三振)石川歩選手

★勝利数(今季通算:1位(5勝)石川歩選手&マイクボルシンガー選手・3位(4勝)涌井秀章選手)

5月:1位(4勝)マイクボルシンガー選手・2位(2勝)石川歩選手&涌井秀章選手

★ホールド数(今季通算:1位(9ホールド)タナーシェッパーズ選手・2位(7ホールド)大谷智久選手&松永昂大選手)

5月:1位(4ホールド)大谷智久選手・2位(2ホールド)田中靖洋選手&タナーシェッパーズ選手


★セーブ数(今季通算:1位(9セーブ)内竜也選手・2位(1セーブ)タナーシェッパーズ選手※今季セーブは2人のみ)

5月:1位(5セーブ)内竜也選手(※5月のセーブは1人のみ)

★防御率(今季通算:1位(防御率1.66)益田直也選手・2位(防御率2.11)マイクボルシンガー選手・3位(防御率2.16)田中靖洋選手)

5月:1位(防御率0.00)益田直也選手・2位(防御率0.82)南昌輝選手・3位(防御率2.16)マイクボルシンガー選手


5月に今季デビューを果たしたのは、渡邉啓太選手&土肥星也選手&エドガーオルモス選手&大隣憲司選手の4人。

ルーキーの渡邉選手と2年目の土肥選手は期待の若手として先発のチャンスが回ってきている最中。ここで一気にローテーション入りを果たしたいところデス。

一方、新入団のオルモス選手はオープン戦の調整からなかなか調子が上がらない、苦しい状況。貴重な先発左腕なだけに、期待に応えて欲しいトコロ。大隣選手は、難病を克服して昨年のトライアウトからテスト入団してきた苦労人。千葉ロッテデビュー戦は爆発炎上して即時登録抹消となりましたが、まだまだシーズンは半分以上あります。何とか立て直して千葉ロッテで白星を!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です