• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

【観戦記】有吉選手、先発でZOZOマリン初勝利♪(2018.6.13)

水曜日の度に雨空となっていたここ最近。今日は久々に天気が持つという事なので、久々ZOZOマリンスタジアムに参上♪横浜DeNAベイスターズを迎えての交流戦となります。今回は、私の数少ない友人(茨城代表)が手配してくれた、「グランドシーサイド」席。6,000円越えという、私なら高級すぎて買えない千葉ロッテベンチ上最前列から、私、さくらもみじがお伝えします♪

今日の先発は、5月から先発に転向した有吉優樹選手。先発転向した2試合はいずれも雨天の中での投球というかわいそうな面もありましたが、今日は風はあるものの雨にはならない模様。自分のもてる力を充分に発揮するチャンス(^_-)-☆

初回の千葉ロッテ、先頭の荻野貴司選手がいきなりヒットで出塁♪

一死後、3番の中村奨吾選手がライトにタイムリーツーベースを放って、幸先の良い展開に(^^♪

Sponsored Link


千葉ロッテ先発の有吉選手は、2回にソロを浴びて1対1の同点にされますが、続く3回裏、二死から中村選手の放ったサードゴロをベイスターズが悪送球。諦めないで全力疾走していた中村選手は一挙に2塁に到達すると・・・

続く4番の角中勝也選手が技アリのタイムリー♪すぐに2対1と勝ち越しに成功(≧▽≦)


突き放したい千葉ロッテは5回。一死から荻野貴司選手がセンターにヒットで出塁すると、度重なる牽制球をものともせずに二盗に成功!さすがは荻野選手♪


藤岡裕大選手も続きたいところでしたが、当たりは良かったもののセカンドハーフライナー。で、何故か(?)荻野選手が飛び出しており、戻れずダブルプレーでチェンジ・・・でしたが、ここは井口資仁監督がチャレンジを要求。きわどいタイミングで結構判定に時間がかかりましたが、判定が覆り、二死2塁で試合再開( *´艸`)


命拾いをした千葉ロッテは、中村選手が大変きわどい死球でチャンス拡大。ビジョンに移された映像を見てもよくわかりませんでしたが、袖をかすっているとの事で、死球が確定。1・2塁となります。

先ほどタイムリーを放った角中選手はストレートの四球を選んで、これで二死満塁となり、ここで迎えるは、本日5番に座った清田育宏選手。


片手になりながら、うまく球をバットに載せてセンターに運ぶ二点タイムリー♪貴重な貴重な中押し点が入り、これで4対1(≧▽≦)二死からうまくつながりました(*´▽`*)

ここまで1失点で好投している有吉選手。

有吉選手をより楽にするべく、6回の千葉ロッテの攻撃。

一死から鈴木大地選手が「もしかしてホームランかも」と期待をさせてくれた、フェンス直撃のツーベースで出塁した後・・・


田村龍弘選手がしっかりセンターにはじき返してダメ押し点追加♪これで5対1。


勝ちを盤石にしたい千葉ロッテは、続く7回・ラッキーセブンの攻撃。

先頭の中村選手がヒットで出塁すると、しっかり二盗を決めて追加点チャンス!


続く角中選手は進塁打を放って、一死3塁。

ここで迎えるは、先ほど中押しタイムリーを放った清田選手。

今度はライトにタイムリー(≧▽≦)わっしょいわっしょい♪

7回終了で100球を超えた有吉選手。8回は益田直也選手にマウンドを託します。


益田選手、期待に応える三者凡退で、2奪三振を奪う完璧投球♪

となれば、最終回は当然、内選手・・・ではなく、田中靖洋選手。点差もあることながら、田中選手はこのところ投球が安定して良いので問題なしかと。


で、田中選手は1奪三振を含め、こちらも三者凡退に仕留めてベイスターズ狩り。試合終了でございます(≧▽≦)


【試合結果】

6対1で、横浜DeNAベイスターズに勝利♪私の観戦時に、劇場が開演しないで最後までゆっくり試合がみられたのはいつ振りだろう。

今日の「We are」は、投のヒーロー有吉選手。

「借金がなくなりました!」の一声。これからは貯金をお願いシマス(*´▽`*)

ヒーローインタビューは投打の3人。有吉選手&角中選手&清田選手(≧▽≦)


交流戦で一気に上位浮上だ~!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です