• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

2018.6月の千葉ロッテマリーンズ個人成績一覧(投手)

まもなく前半戦が終わり、オールスター戦。交流戦で一気に弾みをつけた千葉ロッテは、6月終了時点で36勝34敗(勝率51.4%)の貯金2。ペナントレースの順位はまだ上がりきっていないのが残念ですが、上位との差は確実になくなってきており、混パを演出中。暑くなってくるこれからの時期、気候に負けずにガンバレ、千葉ロッテマリーンズ!

で、今回は、2018.6月に出場した選手の各成績(投手)をまとめたいと思います♪(敬称略)(6月の打撃成績はこちら:千葉ロッテポケットパーク)

Sponsored Link

 

◆登録選手(投手)◆

6月試合投球回奪三振防御率
1413.1123.380129
松永1210.2080.840090
益田1110.1121.740060
0908.0093.382140
大谷0808.0043.380140
ボルシ0535.0272.315000
涌井0531.0215.230200
石川0427.1150.994000
田中0404026.750100
阿部0403.2022.450100
有吉0320.1081.333000
酒居0212.0024.500100
渡邉0210.0032.700000
成田0202.0000.000000
土肥0103.1038.100000
シェッ0000.000(未登板)0000
チェン0000.000(未登板)0000

 

《6月・チーム上位》
★試合出場(今季通算:1位(34試合)内竜也選手・2位(32試合)益田直也選手・3位(28試合)松永昂大選手&南昌輝選手)

6月:1位(14試合)内竜也選手・2位(12試合)松永昂大選手・3位(11試合)益田直也選手


★投球回数(今季通算:1位(92.1投球回)涌井秀章選手・2位(91.1投球回)石川歩選手・3位(77.2投球回)マイクボルシンガー選手)

6月:1位(35投球回)マイクボルシンガー選手・2位(31投球回)涌井秀章選手・3位(27.1投球回)石川歩選手

★奪三振数(今季通算:1位(69奪三振)涌井秀章選手・2位(61奪三振)マイクボルシンガー選手・3位(53奪三振)石川歩選手)

6月:1位(27奪三振)マイクボルシンガー選手・2位(21奪三振)涌井秀章選手・3位(15奪三振)石川歩選手

★勝利数(今季通算:1位(10勝)マイクボルシンガー選手・2位(9勝)石川歩選手・3位(4勝)涌井秀章選手)

6月:1位(5勝)マイクボルシンガー選手・2位(4勝)石川歩選手・3位(3勝)有吉優樹選手

★ホールド数(今季通算:1位(16ホールド)松永昂大選手・2位(11ホールド)大谷智久選手・3位(9ホールド)タナーシェッパーズ選手)

6月:1位(9ホールド)松永昂大選手・2位(6ホールド)益田直也選手・3位(4ホールド)南昌輝選手&大谷智久選手

★セーブ数(今季通算:1位(18セーブ)内竜也選手・2位(1セーブ)タナーシェッパーズ選手※今季セーブ記録は2選手のみ

6月:1位(9セーブ)内竜也選手※6月セーブ記録は内選手のみ

★防御率(今季通算:1位(防御率0.00)成田翔選手・2位(防御率1.69)益田直也選手・3位(防御率2.00)松永昂大選手)

6月:1位(防御率0.00)成田翔選手・2位(防御率0.84)松永昂大選手・3位(防御率0.99)石川歩選手

6月のチーム投手陣の成績ですが、防御率2.85・128奪三振・25ホールド・9セーブとなりました。

6月の一軍デビューは、阿部和成選手と成田翔選手の2名。阿部選手は貴重な中継ぎとして、成田選手はゆくゆくの先発を見据えての登板。二人とも結果としてしっかり抑えてますので、今後の活躍を期待できる成績となっております♪

ちなみに、6月の月間MVP投手部門は、千葉ロッテのマイクボルシンガー選手が初受賞!おめでとうございます&引き続きお願いします(≧◇≦)

7月もガンバレ、千葉ロッテマリーンズ!

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です