• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

【観戦記】痛い敗戦も、二木選手が復活の兆し!(2018.7.18)

7月に入り暑い日が続く中、ついに昨年の勝ち頭・二木康太選手が一軍復帰となりました。千葉ロッテは勝率5割前後を行き来している中、二木選手で勝ち星を伸ばせれば充分に勝機はあります。一軍登録されたこの日、早速応援に行く事に。そんな訳で、千葉の友人と一緒にZOZOマリンに行って来ました♪友人はもちろん男性です。私の友人=男性。アツいですから、リア充のヒトは海などのデートスポットに行かれたらいかがですか?私、さくらもみじが、バックスクリーン寄りの外野応援席からアツい応援をお届け致します☆(当日の球場グルメ&お土産はこちら:千葉ロッテポケットパーク)

今日の先発は、一軍登録されたばかりの二木選手。暑さを吹き飛ばすような快投をお願いシマス(^^ゞ

Sponsored Link

初回は三者凡退に仕留めた二木選手ですが、二回にイーグルスのアマダー選手にソロを打たれて先制を許します(>_<)

ただ、千葉ロッテはすぐさま反撃。その裏、4番の井上晴哉選手と今日は6番に入った藤岡裕大選手のヒットで一死1・3塁とすると、久々のスタメンに入った清田育宏選手がキッチリ犠牲フライを打ち上げて同点に追いつきます♪

この後は両チーム先発がランナーは出すものの要所を締めて、1対1のまま5回に。

5回の千葉ロッテの攻撃は、二死ながら二つの四球で1・2塁とすると、井上選手がタイムリー♪2対1と勝ち越しに成功(≧▽≦)

この後も満塁と押せ押せでしたが、イーグルス守備陣のファインプレーに阻まれて、更なる追加点は奪えず(^^;)

今日の二木選手は粘り強い投球をみせ、6回まで1失点。100球が近づいてきたのでこの回までか、と思った7回、再びアマダー選手にスタンドにソロを運ばれて2対2の同点に。この、二本目の本塁打を打たれたところで無念の降板。粘っていただけに、今日は勝たせてあげたかった・・・(T_T)/~~~


7回途中からのマウンドとなった二番手は松永昂大選手。貴重な中継ぎ左腕デス。

・・・ちょっとバタバタしましたが、何とか踏ん張ってこれ以上の失点を許しません。

8回からマウンドに上がったのは、今季好調の益田直也選手。

・・ですが、一死後、四球でランナーを背負うと、千葉ロッテOBのイーグルス4番・今江選手への投球がまさかの危険球。退場となります\(゜ロ\)(/ロ゜)/

緊急登板となった四番手は、チェングァンユウ選手。ここのところ無失点投球を続けています♪

・・・が、急すぎて肩が出来上がっていなかったのか、粘るイーグルス打者陣に対し、押し出しを含む2四球などで勝ち越しを許し、抑えることが出来ません(>_<)

続く投手は田中靖洋選手。

・・・も勢いに乗ったイーグルス打線にタイムリーを浴びて、火消しならず。

結局8回だけで4点を失い、2対6。一気に敗色濃厚に(^^;

 

最後の反撃を待ちたい千葉ロッテは、9回のマウンドに南昌輝選手を送り出します。

もちろんピシャリと抑えて流れを引き寄せたかったですが、何とか失点は防げたものの、1四球・2被安打でイマイチ流れが良くありません(*´Д`)

9回二死から、代打「俺たちの」福浦和也選手がヒットを放って出塁するも、代走も出ず、そのまま後続も倒れて試合終了。

【試合結果】

2対6で、東北楽天ゴールデンイーグルスに敗戦・・・(T_T)/~~~

終盤戦、緊張の糸が切れてしまったかのように一気に崩壊した千葉ロッテ。でも、途中までは接戦でしたし、いい当たりがイーグルスのファインプレーで複数阻まれたり、という事で、今日はイーグルス守備陣&アマダ―選手を褒めたたえるできではないでしょうか。ヒーローインタビューはアマダー選手ではなかったですケド。移動日を挟んで、再度気持ちを立て直してガンバレ!

・・・暑い中声を出し過ぎて、試合後ちょっぴりノドが枯れちゃったワタクシ(*´з`)試合前に無料配布されていたロッテのアイス、美味しいね♪

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です