• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

【ファーム観戦記】16安打の猛攻も、結構接戦(2018.7.25)

夏真っ盛りの午後、一軍が遠征中の為、今回はファームを観戦。行ってきたのは北海道日本ハムファイターズのファーム本拠地・鎌ヶ谷スタジアム。今年初の鎌スタなので、ちょっぴりテンションが上がっています♪一軍でないとなかなか報道されない選手の雄姿を、私、さくらもみじが内野自由席を移動しながらお届けします☆(鎌スタのグルメ&お土産はこちら:千葉ロッテポケットパーク)

Sponsored Link


◆細谷圭選手(一番・一塁手)6打数3安打2打点1本塁打

先頭打者初球ホームランも含め、3安打の猛打賞。格の違いを見せつけてくれました。一軍には、今季ここまでで6試合出場。早い一軍復帰を待ってます☆


◆大木貴将選手(二番・中堅手→右翼手)6打数3安打2打点

2打点付きの猛打賞を記録。足もあって安打も放てる大木選手。一軍には、今季ここまで1試合の出場で、打席には立っていない大木選手。頑張れ!


◆菅野剛士選手(三番・右翼手)5打数1安打1打点

一軍でもここまで39試合に出場している、ルーキーの菅野選手。しっかり経験を積んで、一軍復帰が叶います様に☆


◆安田尚憲選手(四番・三塁手)5打数1安打

今は日々勉強のゴールデンルーキー安田選手。焦らずにしっかり頑張って!


◆香月一也選手(五番・二塁手)4打数2安打

ケガから復帰して、二軍でしっかり実績を積み上げている途中。無理せずにファイト!


◆マットドミンゲス選手(六番・指名打者)2打数0安打

日本に慣れられないのか、ファームでも苦戦中。一軍では、現時点で「チーム2位」の本塁打を放っており、一発の魅力があるだけに何とか奮起して欲しいトコロ!


◆金澤岳選手(七番・捕手)2打数0安打

打撃が魅力の金澤選手も、今日は快音は聞かれず。リード面でもチーム随一の経験をしっかり伝授して欲しいトコロ。もちろんその経験を活かして一軍入りも目指してガンバって!


◆高濱卓也選手(八番・遊撃手)5打数3安打

3安打の猛打賞に加え、守備でも体に当てながらもしっかりキャッチする好捕もみせてくれた高濱選手。ここまで一軍には出ていませんが、一年中ファームにいる選手では無いはず。ガンバレ!


◆三家和真選手(九番・左翼手)4打数2安打

二打席にわたりバントを失敗するなど、なかなか小技が出来ないのは残念なものの、守備ではダイビングキャッチを決めたり、バント失敗後にヒットを放って取り返す等もみせてくれた三家選手。今季はここまで一軍登録はないものの、しっかりアピールしてガンバって!


◆和田康士朗選手(代走→中堅手)0打数0安打

代走出場も、盗塁失敗。ただ、これも経験なので、色々経験して今後の糧にできるようにガンバ!


◆李杜軒選手(代打→指名打者)1打数1安打2打点1本塁打

しっかり捉えた打球はスタンドに。ここまで一軍では11試合に出場しているものの、最近はファーム暮らし。再度アピールして一軍復帰を芽出してガンバレ!


◆柿沼友哉選手(代打→捕手)2打数0安打

状況にもよるものの、交代してから投手が結構バタバタになった感じ。リードもしっかり勉強してゆくゆくは一軍の正捕手争いに参戦できるようにガンバ!ちなみに、千葉ロッテの出場選手の中で、頑張れコールが鎌スタで一番聞こえたのは「柿沼」コールでした☆


◆宗接唯人選手(捕手)1打数0安打

ファーム三番手捕手として登場。投手との相性はあるながらも、ファイターズの反撃を受けたのは宗接選手のリード時。しっかり経験を積んで、早く投手に首を振られない捕手になるようにガンバ!


◆肘井竜蔵選手(代打→左翼)

ここまで一軍登録はないものの、一軍主力の荻野貴司選手の離脱は逆に好機のハズ。しっかりアピールして一軍出場を!


◆土肥星也選手(先発投手)投球回数4.2回3奪三振1失点

ここまで一軍では3試合に登板して防御率4.61。今日は暑さの影響もあってか、失点こそは最少失点に抑えたものの、5回持たずにスタミナ切れ状態。大変な気候だったとは思いますが、しっかり立て直して次回は勝ち投手に慣れるようにファイト!


◆関谷亮太選手(二番手投手)投球回数1.1回0奪三振0失点※勝ち投手

今季はここまで二回一軍登録をされるものの、二回とも登板することなくファームに逆戻り。一軍に近い選手なだけに、ここでしっかりアピールして次の一軍登録時こそは一軍登板を!


◆成田翔選手(三番手投手)投球回数1回2奪三振0失点

今季一軍では2試合に登板して失点0。藤岡貴裕選手が抜けて、今まで以上に貴重な左腕なのでしっかりアピールして再び一軍で登板を!女性ファンも多い「成田きゅん」の一軍復帰を願っているファンは多いハズ☆


◆阿部和成選手(四番手投手)投球回数1回0奪三振0失点

今季一軍では、ここまで4試合に登板して防御率2.45。ベテランの域に入りつつある阿部選手の居場所はファームではないハズ。ここで奮起して、再度一軍復帰を目指して頑張れ!


◆高野圭佑選手(五番手投手)投球回数1回0奪三振2失点

昨年の一軍登板時には気付きませんでしたが、高野選手は一球投げるごとに声を出す、気合を押し出すタイプ(「あっ!」「よ(い)しょ!」「おりゃ!」等)。今日は暑い中ファイターズ打線に粘られ続けて捕まりましたが、次の登板こそはしっかり結果も残せるようにガンバって!・・掛け声も楽しみにしてます( *´艸`)


・・・ファームの試合って、声も聞こえるから一軍とは違った良さがあるよね(*´▽`*)

※直に見ると、スクリーンはすっきりきれいに見えます。写真の腕が悪くてすいません・・・(T_T)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です