• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

2018.7月の千葉ロッテマリーンズ個人成績一覧(野手)

2018年7月の井口マリーンズは、20試合で7勝10敗3分(勝率41.2%)。不動のリードオフマン・荻野貴司選手の離脱は痛いですが、代役として期待される岡大海選手をトレードで獲得するなど、去年以上には(?)補強に動いている千葉ロッテ。まだまだ優勝戦線に留まっている今年はここからの踏ん張りがカギを握ってきます。ここから一気にマクレ!

Sponsored Link

で、今回は、2018.7月に出場した選手の各成績(野手)をまとめたいと思います♪(7月の投手成績はこちら:千葉ロッテポケットパーク)

◆登録選手(打者)◆(敬称略)

7月試合打数安打打点打率本塁打盗塁
藤岡20861704.19802
中村20811905.23504
角中20742211.29702
平沢20731707.23312
井上20702823.40070
田村20671711.25411
鈴木20661406.21202
清田17210403.19000
福浦16301003.33300
岡田14060000.00000
加藤13190300.15801
伊志嶺10220802.36401
三木10020100.50000
菅野09180301.16700
荻野08340503.14703
ドミン08110201.18200
江村04020000.00000
根元02030100.33300
02030000.00000
吉田1000000(未打数)00

 

《7月・チーム上位》

★試合出場(今季通算:1位(90試合出場)中村奨吾選手&藤岡裕大選手&鈴木大地選手&田村龍弘選手

7月:1位(20試合出場)藤岡裕大選手&中村奨吾選手&角中勝也選手&平沢大河選手&井上晴哉選手&田村龍弘選手&鈴木大地選手


★打数(今季通算:1位(350打数)中村奨吾選手・2位(349打数)藤岡裕大選手・3位(317打数)荻野貴司選手)

7月:1位(86打数)藤岡裕大選手・2位(81打数)中村奨吾選手・3位(74打数)角中勝也選手

★安打数(今季通算:1位(103安打)中村奨吾選手・2位(91安打)荻野貴司選手・3位(85安打)藤岡裕大選手)

7月:1位(28安打)井上晴哉選手・2位(22安打)角中勝也選手・3位(19安打)中村奨吾選手

★打点数(今季通算:1位(69打点)井上晴哉選手・2位(39打点)角中勝也選手・3位(38打点)中村奨吾選手)

7月:1位(23打点)井上晴哉選手・2位(11打点)角中勝也選手&田村龍弘選手

★本塁打数(今季通算:1位(18本塁打)井上晴哉選手・2位(7本塁打)マットドミンゲス選手・3位(4本塁打)藤岡裕大選手)

7月:1位(7本塁打)井上晴哉選手・2位(1本塁打)平沢大河選手&田村龍弘選手

★盗塁数(今季通算:1位(25盗塁)中村奨吾選手・2位(20盗塁)荻野貴司選手・3位(10盗塁)藤岡裕大選手)

7月:1位(4盗塁)中村奨吾選手・2位(3盗塁)荻野貴司選手・3位(2盗塁)藤岡裕大選手&角中勝也選手&平沢大河選手&鈴木大地選手

 

★打率(今季通算:1位(打率.375)伊志嶺翔大選手・2位(打率.317)角中勝也選手・3位(打率.299)井上晴哉選手)

7月:1位(打率.500)三木亮選手・2位(打率.400)井上晴哉選手・3位(打率.364)伊志嶺翔大選手

 

《参考:今季ここまで一軍未出場選手(支配下):7選手》その勇姿を見られるのを待ってます(≧▽≦)

柿沼友哉選手・高濱卓也選手・香月一也選手・肘井竜蔵選手・金澤岳選手・三家和真選手・安田尚憲選手

 

7月のチーム打撃成績ですが、打率.249(171安打)・9本塁打・80打点・18盗塁となりました。先月より打率は下がりましたが、打点は微増。少ないチャンスをものにしている感じでしょうか。

既報の通り、7.27にはファイターズから岡大海選手が入団。荻野選手の代役としても期待大です。

7月の野手一軍デビューは、2名。トレード入団の岡大海選手と、今季は三番手捕手の地位に後退してしまった感のある吉田裕太選手。でも、まだまだ試合は50以上残っています。二人とも、ここからマクレ!

 

で、7月の月間MVP(打者)に井上晴哉選手が選出されました♪井上選手は初の受賞となりまして、これで6月の月間MVP・角中勝也選手に続いて、千葉ロッテからは二か月連続の受賞となりました!井上選手、おめでとうございます♪今季はこのまま勢いに乗ってガンバレ!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です