• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

プロ野球ドラフト会議2018は、3球団競合を制してゴールデンルーキー獲得成功♪(2018.10.25)

今年もやってきた運命のドラフトの日。当然観戦を申し込みましたが残念ながら落選となりましたので、情報チェックだけとなりましたが、来年以降の千葉ロッテマリーンズが飛躍をするためにはぜひとも大成功を収めたいトコロですので、しっかり心の中で応援したいと思いマス(*´▽`*)

Sponsored Link

今年の千葉ロッテは1位指名を大阪桐蔭高校の藤原選手と事前公表していますので、こちらは確実に交渉権獲得となります様に♪

できれば単独指名といきたかったですが、残念ながら千葉ロッテの他、イーグルスとタイガースも1位指名に踏み切り、3球団が競合。

・・・で、くじ引きですが・・・井口資仁監督が見事当たりを獲得♪勝負強い井口監督、ステキ(≧▽≦)

その他もしっかり補強を進めて、育成選手を含め、9名の指名となりました(#^^#)

以下、簡単ですが、指名選手の情報をまとめたいと思いマス。(選手情報は、千葉ロッテマリーンズ公式HPの他、BBM社さん発行の週刊ベースボールやネット情報を基にまとめました)

 

◆ドラフト2018年・千葉ロッテマリーンズ◆

★1位:藤原恭大(フジワラキョウタ)選手★

・大阪桐蔭高校(外野手)2000年生まれ

高校野球の名門・大阪桐蔭高校では1年夏からセンターのレギュラー。2017年のセンバツ大会では、決勝戦で先頭打者本塁打を含む2本塁打で優勝に貢献。2年時には「U-18ワールドカップ」にも選出。3年時には「U-18」の日本代表4番としてチームの主軸を務めた他、大阪桐蔭高校の4番としてもチームをけん引し、甲子園春夏連覇の立役者に。

一発のある打撃に加え、遠投110メートルの強肩も誇り、50メートル5.8秒の俊足も生かした走塁&守備にも定評があり、まさに攻走守三拍子そろった選手。

ベースボールマガジン記事では、「非の打ちどころのなさ」が強みとされており、評価は当然最高の「S」評価の選手です。

千葉ロッテは、今季限りで岡田幸文選手が引退したことに加え、外野陣も徐々に若手層が薄くなってきていますので、補強ポイントとして満点です♪競合して外した2球団を悔しがらせるような大活躍に期待デス( *´艸`)

ちなみの甲子園戦歴は、19試合に出場して27安打(打率.318)5本塁打21打点。これも充分スゴイですが、4年だけで見ると、大阪大会では打率は驚異の「.636」で、甲子園でも打率「.462」(3本塁打)のハイアベレージを残しています。

抜群の身体能力を誇り、ここ一番での集中力の高さと、試合の流れを変える事のできる選手として期待が高く、将来的にはトリプルスリーを狙える逸材として、一番打者としての活躍に期待されているようです。(千葉ロッテ担当スカウトは下敷領さん)

 

★2位:東妻勇輔(アヅマユウスケ)選手★

・日本体育大学・智辯和歌山高校出身(投手)1996年生まれ

高校野球の名門・智辯和歌山高校時代は2年秋からチームのエースとなり、3年春のセンバツ大会では3回1失点。3年夏は惜しくも和歌山大会準優勝で甲子園出場を逃すも、チームをけん引。

日体大に進学後、3年春には最優秀投手に選ばれ、その秋にはノーヒットノーランも達成。明治神宮大会決勝では2安打完封の快投を演じ、日体大37年振りの大会優勝の立役者に。4年春の首都リーグでは防御率1.30で、4勝を記録。

直球は155キロを計測する剛腕ながら、高速スライダーと通常のスライダーも駆使し、カーブ、チェンジアップ、スプリットも投げ分ける好投手。

マウンド度胸も良いそうで、ベースボールマガジン記事では、特徴が「最速155キロ&満点の勝負度胸」とあり、評価は上位の「A」となっています♪

強気のマウンド度胸は勝負に絶対必要なだけに、早期活躍に期待しちゃいます♪

投げっぷりの良さと強気のピッチングが持ち味で、140キロ後半のストレートと空振りの取れるスライダーでピンチを凌げるリリーフタイプとの事。スタミナも抜群にある為、登板数もこなせるそうです。(千葉ロッテ担当スカウトは井辺さん)

 

★3位:小島和哉(オジマカズヤ)選手★

・早稲田大学・浦和学院高校出身(投手)1996年生まれ

高校時代は1年夏に早くも甲子園に出場。1年秋からは早くもエースとなり、翌年の2年春にセンバツ大会優勝投手となり、夏の甲子園にも出場。この時点で「U-18」にも選出。

早大進学後、1年の春から東京六大学のリーグ戦に出場すると、2年の秋には最優秀防御率(防御率1.60)を受賞。4年春からはチームの主将を務めると、秋にはリーグ戦通算20勝を記録するなど、六大学リーグを代表する選手に。

直球は最速147キロ。変化球は、スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップを投げ分け、打者の内角を鋭く攻める投球が持ち味。特に抜けがあるチェンジアップが決まればなかなか打ち崩すのは困難との事。

ベースボールマガジン記事では、「緩急自在の多彩な組み立て」ができるのが強みとされており、現時点での評価は「B」。

ベースボールマガジン評価はB評価ですが、貴重な左腕ですので、上位評価の選手よりも活躍する機会はありそうです♪

キレ、制球が抜群に良く、安定感のある即戦力左腕との事で、ストライクゾーンを広く使える好投手だそうです。(千葉ロッテ担当スカウトは井辺さん)

 

★4位:山口航輝(ヤマグチコウキ)選手★

・明桜高校(投手)2000年生まれ

最速146キロの著球を武器に、2年時には今夏大フィーバーとなった吉田輝星投手の率いる金足農高を破り甲子園に出場。ただ、この決勝戦の走塁時に利き腕の右肩を負傷し、その後の公式戦では登板はなし。

打撃も一流で、今年の夏は130メートル弾を放つなど、高校通算25発の大砲。

千葉ロッテ入りは、「打者として」と思いますが、千葉ロッテ待望の大砲候補の登場です♪

高校生離れしたパワーの持ち主で、井上晴哉選手のような長距離砲として将来は中軸を担える選手との事です。(担当スカウトは井辺さん)

 

★5位:中村稔弥(ナカムラトシヤ)選手★

・亜細亜大学・清峰高校出身(投手)1996年生まれ

大学の2年時(春)には3勝を挙げてリーグ優勝に貢献。ベストナインと最優秀投手を受賞。翌17年秋の防御率1.22はリーグトップの好成績。

直球の最速は145キロで、持ち球はツーシーム、スライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットと多彩。

ベースボールマガジン記事では、「図太いまでの強靭なメンタル」が持ち味とされており、評価は現時点で「B」。

ただ、ここまで言わしめるほどのメンタルなら、きっと勝負所で生きてくるはず。ピンチにも動じない強気のピッチングに期待デス♪球が見辛いフォームで投げ込む貴重なサウスポーという点も、活躍する要素は十分にあります☆

制球力・度胸・体力的が抜群にあり、ツーシームの精度の高さは特筆ものだそうです。伸びしろも充分ありそうなので、将来性も抜群だそうです。(担当スカウトは山森さん)

 

★6位:古谷拓郎(フルヤタクロウ)選手★

・習志野高校(投手)2000年生まれ

高校野球の名門で、「俺たちの」福浦和也選手の母校の後輩。スリークォーター気味に投げ込む、バランスの取れた投球フォームが特徴の好投手。2年時の甲子園千葉大会ではベスト4、3年春のセンバツ千葉大会ではベスト8、夏の西千葉大会ではベスト4に終わり、甲子園には残念ながらあと一歩届きませんでした。この夢の続きは、プロの世界でしっかり実現してもらいましょう♪

直球は、今年の県大会で自己最速を3キロ更新する146キロ。まだまだ伸びしろは充分ありそうです。持ち球は、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、カットボール、スプリットと多彩。

ちなみに出身は千葉県の鎌ヶ谷市との事なので、地元選手の代表としても期待デス♪

ベースボールマガジン記事では、「投球フォームのバランス」の良さが特徴との事で、評価は現時点で「B」。

しなやかなフォームでキレの良いストレートと多彩な変化球を投げ込む好投手との事です。(担当スカウトは榎さん)

 

★7位:松田進(マツダシン)選手★

・Honda(ホンダ)・中央大学出身・国学院久我山高校出身(内野手)1994年生まれ

高校時代はポジションが遊撃手で井口監督の母校という事で、「井口二世」と言われた逸材。2年時には甲子園選抜大会にも出場。

中央大学では4年時にを主将を務め、チームをけん引。

社会人野球では、2018年JABA東京スポニチ大会で首位打者賞を受賞。

パワーあふれる打撃かつ走れる内野手として、走攻守3拍子揃った内野手として将来性充分な選手との事です。(担当スカウトは榎さん)

 

★8位:土居豪人(ドイヒデト)選手★

・松山聖陵高校(投手)2000年生まれ

188センチの長身から繰り出される、角度のある直球が武器の選手。2018年のセンバツ大会では、自己最速記録を4キロ更新する148キロを投げ込み、伸びしろにも期待の持てる選手です♪

変化球は、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップを投げ分けることができ、制球さえ定まれば活躍が期待できる、これからの成長が楽しみな選手☆

ベースボールマガジン記事でも、「長身を生かした角度のある直球」が売りとの事で、現時点での評価は「B」となっています。(担当スカウトは黒木さん)

 

★育成1位:鎌田光津希(カマタミズキ)選手★

・徳島インディゴソックス・敬愛大学出身・横芝敬愛高校出身(投手)1995年生まれ

最速155キロを誇る直球は、時折打者の手元でカット気味に変化する軌道を描く独特な直球。

大学時代は故障もあり、3・4年時は結果を残せなかったものの、1・2年時だけで8勝を記録。

大学卒業時では最速149キロだったのが、独立リーグ入団一年で155キロまで急成長するなど、これからの伸びしろにも大いに期待できる選手。

今年の夏に行われた、北海道日本ハムファイターズ(イースタン)との交流戦では、既に一軍デビューを果たしていた清宮幸太郎選手を全直球で空振り三振に仕留める等、NPBプロ野球でも十分通用するところを披露。

持ち球は、高速のカットボールの他、スライダー、フォークに加え、徳島インディゴソックス監督の石井貴監督(元西武ライオンズ)直伝のナックルカーブ。

千葉県匝瑳(そうさ)市出身の選手で、座右の銘は「全身全霊」。全身全霊ガンバって、早く支配下登録されますように。

ベースボールマガジン記事では、「カット気味の最速155キロ」が持ち味とされており、現時点での評価は「B」。今年四国アイランドリーグでドラフト指名された選手は鎌田選手のみ。リーグの代表として頑張って下さい!(担当スカウトは黒木さん)

 

2018年のドラフト会議では、以上9選手の交渉権を獲得した千葉ロッテマリーンズ。全選手とも、早くマリーンズユニを着て活躍する姿を見たいデス(≧▽≦)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です