• 千葉ロッテマリーンズを応援するサイト☆

【選手】元ホークスの茶谷健太選手が育成契約で千葉ロッテに入団

昨年まで福岡ソフトバンクホークスに所属していた、茶谷健太選手の育成選手としての契約が、この度千葉ロッテマリーンズ公式ホームページにて発表されました!福岡ソフトバンクホークスでは今年は育成契約を打診されていたようですが、それを断っての千葉ロッテマリーンズ入団です。

Sponsored Link

茶谷選手の入団コメントは次の内容です。

「環境が変わり、一から新たな気持ちでやっていきたい。千葉ロッテは応援が凄い印象があるので、早く支配下登録をしてもらい、その応援の中でプレーしたい。マリーンズの為に精いっぱい頑張る」との事。(千葉ロッテマリーンズ公式ホームページより)

茶谷選手は神奈川出身で、1998年生まれの21歳。2015年オフのドラフトでホークスに4位指名。入団時は投手でしたが、入団後すぐに内野手に変更。

一部ではパンチ力のある打撃から「茶ゴジラ」とも呼ばれ、2017年には一軍デビュー。その試合でプロ入り初安打を放つも、結局一軍で出場できたのはその1試合限り。思うような成績を残すことが出来ずにホークスを退団することになりました。

昨オフにホークスを自由契約となったこの冬も、チームメートだったの内川選手と一緒にトレーニングを継続。このオフでは早くから千葉ロッテが獲得に動いているという話が報道の一部で出ていましたが、育成としてこの時期の入団発表となりました。

2017年は、現千葉ロッテ監督の井口資仁選手(当時)と冬の合同練習を実施していた選手。現在千葉ロッテにいる李杜軒選手同様に、「チーム井口」のメンバーとして(笑)、井口監督も認めるその才能をぜひ千葉ロッテで発揮して下さい(≧▽≦)

頑張れ、茶谷健太選手&これからヨロシクお願いシマス(*´▽`*)

 

【茶谷健太選手成績】

NPB通算成績(実働1年)

1試合出場・打率.500(2-1)

 

プロ入り後にコンバートされた内野ですが、唯一出場したデビュー戦での守備は三塁。今年の正三塁手争いに割って入るような実績をあげてくれればいいナ(^^♪まずは早期の育成脱出を♪

NPB5割バッターが千葉ロッテに入団してきてくれましたぁ\(^o^)/

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です